解剖学はどういう学問か

解剖学は、皆さんがイメージするのは献体していただいた方を遅まきながら解剖をするものであると思います。これは解剖学としてやはりふさわしいですが、通り道解剖学というマクロの解剖だ。後もう一つはミクロの解剖学、すなわち相性学がそれに当たります。解剖することによって医学手掛かりや学者が学ぶことは正常な身体の技量だ。筋肉や血管がどのように運転し、どの部分を栄養分しているか、神経はどこから訪れどこに停止しているか、五臓の系統はどうなっているのかなど学ぶことは膨大にあります。まさに解剖制作を行う前には、分子工具での神経の技量や、神経血管の引越などを余計紙面で覚えておくようにしなければなりません。相性学では、素肌や五臓、血管、神経などの全身の階級を細胞工具で学んでいきます。ものは無数の細胞の集まりであり、難題になれば主役細胞に炎症が起きたり、細胞遺体が変化していきます。病理検診ではその転換を読み取っているため、正常なものをそういった相性学で学ぼうというわけです。医学手掛かりが学ぶことはそういったものですが、学者になれば神経や細胞の結果に回るたんぱく質を考察して行くなど非常に深いキャラクター考察していくことになります。